FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷えとりを初めて早3年半。
今日は冷えとりを始めると出てくると言われている
好転反応“めんげん”のことをすこしお話します。
あくまで私の場合なんですけどね。

最初は靴下を数枚重ねて、シルクの腹巻、シルクの下着、
そしてたまに半身浴をして、秋冬は湯たんぽをしたくらいでした。

始めて1週間で目のまわりがカサカサしてきました。
そして首に大きな赤いあざのような湿疹が。
症状はひと月ほどで治まり、本番のめんげんはそれからです。

その半年後に“冷えとり君”という足温浴器を購入し、
いよいよ本格的に足を温め始めると、
左胸、右腰、両足のすねに湿疹が出始めました。

右胸には放射線をあてたので湿疹はできず、
左胸からじゅくじゅくした湿疹と黄色い汁が出ました。
そして右腰(右胸代わり?)とすねからも。
ほんと痒いんです、これが。

お風呂に入るとさらに痒みは悪化し、
冷えとり健康法の本に書いてあった通りに
お風呂の中でずっと掻いてました。

いやぁ、ほんと凹みますよ。
からだのあちこちが湿疹祭りですから。
湿疹が下着や靴下にくっつくと痛いので、
ガーゼにミネラルたっぷりの水を含ませてあてていました。

そして今も左胸だけは湿疹が止まらず、
秋から春にかけてはすねや背中、
あとは手の一部や鎖骨あたりにもすこし出ます。

湿疹の出るところは経絡と繋がっているのでしょうか。
私の場合、左胸が毒の出口だと思います。

私のまわりで冷えとりをしている人は
こんなにひどいめんげんはないので
これを読んで不安になったりしないでくださいね。

私はがんになり、もともと体に毒が溜まっていたにもかかわらず
余計な薬を多量に取り込んだのもあって
いろいろと症状が出ているんですから。

まだまだ続くめんげん、この秋はどうなるでしょうか。
最近は落ち込んだりせず、
毒だしだ!やったー!と思うようにしています。
心の毒はからだの毒の5000倍?(ほんと?)らしいですから。
しかし痒いのはつらいですけどね。

と言っても、真剣冷えとりガールに比べると、
かなりゆるい冷えとりなんですよ。
また今後のめんげんの報告しますね。
hietori_mengen.jpg
スポンサーサイト
一昨日のUFOの日は
残念ながら私の前に姿を現さずでした。

が、昨日の夜のこと。
UFO見なかったなぁと真っ暗な空を見上げたところ、
1等星ほどの明るく輝く大きな星が急に動き始めました。
すーっと南方面に向かって。

その大きな光は飛行機ではありません。
動き方は人工衛星にもみえるけど、
こんなに明るかったかな?

おそらく人工衛星なんだろうけど(涙)、
なんだか得をしたようなうれしい気分で
帰りの足取りはとっても軽かったのでした。

ufo.jpg
2013.06.24 UFOの日。
昨日はスーパームーンでしたね。
都内はあいにくの曇り空でしたが、
土曜日のお月さまもきれいでした。

今日はUFOの日なんだそうです。
UFOに詳しい知人から教えてもらったんですけどね。

昨年ハワイへ行った時、
同室の友人が天の川を見ていたら大きな光が現れて、
慌てて撮った写真を見せてもらったんですが、
その時お風呂に入っていた私は残念無念でした。

昨年「アミ小さな宇宙人」を読んでから、
私の心はいっきに開放されてしまいました。
これは著者が体験したことなんじゃないかなと思って。
宇宙人はいないと思うより、
いると思った方がワクワクするから信じてます(笑)

話題の映画「奇跡のりんご」が評判良くて、
まわりから観るべしという感想が多いので
早く観たいなーと思っているんですが、
その前にと今読んでいるのは
今月出版された「木村さんのリンゴ」。

この本は木村さんがUFOや異星人、
幽霊と遭遇した不思議な体験が書かれているんです。
木村さんのこういう話が以前から気になっていて、
きっと選ばれた人なんだろうなぁと思います。

本当のことを伝えると、
否定されたり変人扱いされることがことが多いけれど、
それを恐れず正直に話されている方が最近多いように感じます。
いま意識が変わるときなんでしょうか。

さて、今夜はUFO(宇宙人)に逢えるかな。
ufoday.jpg
夏至というと、一昨年だったか
北山耕平さんの北山茶会というのに
お邪魔したのを思い出します。

北山さんの著書「自然のレッスン」を読んで、
たくさんの気づきがあったので、
ぜひお会いしたいと思ったんです。

シンプルに書かれていてとても読みやすく、
自然に生きることって何だったっけ?
というのを改めて教えてくれます。
長崎訓子さんの装丁画(復刻版)も素敵なんですよ。

こころとからだと食べ物のこと、
都会でも自然に暮らす知恵を与えてくれる本です。

北山さんは「宝島」の元編集長でもあり、
その当時のお話やアメリカ先住民族との出会い、
中でも老人ローリング・サンダーとの出会いが
人生を変えるほどの衝撃だったようで、
その老人との懐かしい話をしてくださいました。

茶会ではセージを焚きながら
とてもゆったりと心地よかったんです。
それ以来、私もたまに部屋でセージを焚きます。
こころがもやもやしたときに。

その会の帰り、本にサインをしていただきながら
「放射能は恐ろしい、危険だと思ったら逃げなさい」
と言葉をいただきました。
放射能の危険をよくよくご存知だったからですね。

その会の半年後に脳幹出血で倒れたと知りました。
いまは奇跡的に回復に向かわれているようで、
facebookやtwitterで沢山の情報や言葉を
発信してくださっています。

「自然のレッスン」は私にとって人生のバイブル本。
一生手放したくない一冊です。
apple.jpg
2013.06.19 爪もみ療法。
がんになった人なら爪もみ療法は
聞いたことがあるのではないでしょうか。

爪の生え際には末梢神経が集まっているので
免疫力を高めるのによいと知ってから、
一時は毎日押していました。

爪の根元を指ですこし強めに押すだけの
お金のかからない健康法です。

爪もみは副交感神経の働きを促したり
リラックスさせる働きがあるそうで、
副交感神経が優位になると
リンパ球を増やして免疫力が高まるんだとか。

一日に2~3回刺激すればいいだけなので、
いつでもどこでも出来るのがいいですね。

ただ薬指だけは交感神経が優位になるため
押さない方がいいようで(興奮したいときはどうぞ)、
私はこの指以外を今も気づいたら押しています。

詳しく説明してくれているサイトはこちら

何をするにも信じることが大切です。
以前クーエの自己暗示法についてすこし学んでから
潜在意識にインプットすることが
いかに大切なのかを知ったのでした。

これで免疫力アップだぞーー!と思いながら、
ぜひもみもみしてみてください。
tumemomi.jpg

今日は“藍染め”のはなし。

昨日書いた集まりで藍染めの良さを知りました。
日本独特の色というイメージで、
とくにこだわったこともなかったんですけど
先人の知恵はすばらしいですね。

藍の葉は薬として使われたそうで
藍染めにすると消毒や防虫の効果があるんだそう。

今はアトピーの方にも愛用されているとか。
赤ちゃんからお年寄りまで
安心できる優しい染料なんですって。

夏の浴衣に藍染めが多かったのも
虫除けの意味もあったからなんですね。

染めを繰り返すごとに色が濃くなり、
生地の強度が増していき
ずっしりと重みも出てくるんです。

今は化学合成したインディゴ染料が
使われるようになったので、
天然素材を扱うようお店以外では
あまり手にする機会がないようです。
ジーンズもほとんどが化学合成の染料なんですね。

皮膚から入る毒(経皮毒)を知ってから、
肌に触れるものやつけるものには
こだわってきたつもりだったけど、
からだによい染料にも注目していきたいです。

随分前になるけれど、
織物の街・桐生へ行ったときに
美しい藍染めの布小物を見たことを思い出しました。
aizome.jpg
スタイリストさんが語る
色にまつわる話を聞いてきたのですが、
私が気になったのは、
余談で話してくれた色の効果。

目隠しをして真っ赤な部屋に入ったときと、
青い部屋に入ったときでは心拍数が違うんだとか。

赤い色といえば、
巣鴨の真っ赤なパンツが有名ですが、
あれは赤い色を見たために自律神経に働きかて
交感神経を優位にして血流を促進し、
体を温める効果があるのだと思っていました。

が、目隠しをした状態でもとなると、
色が持つエネルギーもあるのかもしれないですね。

なんでも女性は赤を身につけると、
一生下の世話にならないという言い伝えがあるとか。
昔の人は赤が体を温める色だということを
きっと知っていたんでしょう。

生まれたばかりは生命力のかたまりだから
“赤ちゃん”と呼ばれるし、
還暦祝いに贈るのも赤いものですし。

そこにいらした某モデルさんは、
山へ行くときは冷えないように
必ず赤い下着を着けるんだそう。
みんな色を上手に利用しているんですね。

そうそう、スタイリストさんのお母様が
30年ほど前に東洋医学に目覚めて、
マクロビの桜沢さんや久司さんの本から学んで
田舎で自然食品や雑貨を扱うお店を
いまもずっとされているんだとか。
そこの話をもっと詳しく聞きたかったな。

からだを陽性にしてくれる“赤”に注目です。

akairo.jpg
先日いただいた素敵なお弁当。
これはなかなか食べることができない
“chioben”さんのもの。

知人が美味しいと絶賛していたのを聞いてから、
食べたいなぁとずっと思っていました。
すぐ直後に偶然にもこのお弁当をいただく機会が。
これって引き寄せでしょうか(笑)

宝箱のようなお弁当の中身は、
たこ飯、本びのすが貝の黒米おこわ、
揚げたらのカリフラワームースのせ、
豚ヒレ黒胡椒焼き、肉団子煮、
エビとキャベツの春巻き、茄子の揚げだし、
冬瓜枝豆だし煮、冬瓜のビーツ染め、
玉子焼き、キリ昆布ナムル、と豪華です。
アカシアの花も飾られていましたよ。

ひとつひとつ丁寧に作られたものって
心まで満たされて幸せな気分になりますね。

それはそれは美味しくて、
勿体無いからすこしずつじっくり味わいました。

テーブルには直接旬のフルーツや
かぼちゃの焼き菓子が散りばめられていて、
スタイリングのもセンスも抜群です。
五感で味わえたお弁当でした。

機会があったらぜひ。

chioben.jpg
私がいま注目しているのが血液。
今年2回ほど血液を見てもらいました。

見てもらうといっても血液検査ではなくて、
血を採って顕微鏡で見るというものです。

腫瘍マーカを含めた血液の検査は
年に一度やっていますが
この3年はすべて正常範囲内でした。

が、この顕微鏡で見る血液は衝撃的。
自分の赤血球がはっきり見えるんです。

私は赤血球のかたちは普通だそうで、
ドロドロしているわけでもないのですが、
とった糖分がカビのように浮いていて、
おまけにエネルギーすこし足りないとのこと。
白血球もちょっと小さいらしい。

肉を食べないとエネルギーが足りない、
だから力が出なくて、穏やかになるんだとか。
そして油分が不足して老けて見えたり。

ベジタリアンでもエネルギー溢れる人もいるから
はっきり分からないけれどね。

他の方の血がその人のすべてを物語っていたので、
今年は週に1,2度くらいは肉を食べています。

ガンや脳の病気の方の血は、
かたちもいびつだったり、
いもむしのようにくっついていたり。
要するに血が汚いそうです。

参加されていた他の方のも見ていると、
ああ、わかるわかる、ほんとその通り!
と納得できるんですよ。

生魚をお昼に食べた人のは、
バクテリアが浮いていたり。
甘いものがやめられない人のは、
カビのような白いものが大量に浮いていたり。

自分の口から入ったものが血を作り
そして自分のこころをも作っていくのですね。

インドを旅してから肉が食べられなくなり、
ヴィーガンだった女優の中谷美紀さん。

あんなふうに美しくて穏やかなら、
菜食もいいかもと思っていたのですが、
ここ数年は肉を食べるようになったそうです。

自分の血液になにが足りないかなど調べたら、
いろいろと不足していたことが分かり、
肉を食べるようにしたら、急に力が沸いてきたのだとか。

また食べなとくなるかもしれないけれど、
できるだけ質のよい肉を少しだけありがたくいただいて、
当面は赤血球をきれいに力強くしてみます。
だいたい3ヶ月で血は変化するんだとか。

それといい水を多めにとって欲しいと言われました。
おすすめは"日田天領水"だそう。

この手の話はまだまだあるので、また今度。
ketueki.jpg
昨夜は代官山蔦屋のお隣にある、アロハテーブルへ。

ハワイ料理というと、
ロコモコなどの高カロリーなイメージだけど、
ここは玄米やオーガニック食材をベースにした
ナチュラルでヘルシーなハワイアン料理のお店。
ヘルシー志向の女性には嬉しいメニューが多いです。

生春巻きのサラダにも大豆テンぺが入っていたり、
バーガーのパンには白ゴマがたっぷりだったり。

夕方に食べたあられの油にもたれてしまって
食欲があんまりだったけど、
酵素たっぷりの生野菜サラダを中心に少食を心がけたから
お店を出るころにはすっかり治っていました。

店内に流れるハワイアンミュージックを聴いていたら、
ああ、ハワイに行きたくなってきたー。

ハワイといえば、
ネイティブハワイアンの問題解決法をアレンジした
「ホ・オ・ポノポノ」のクリーニングツールを
ここ3年ほどずっと使っています。

こころがざわざわしたり、ストレスを感じたときには
本当におすすめですよ。
またどこかでくわしくお話します。
>>ヒューレン博士の本

aloha_1.jpg


昨日届いたグラノーラ。
姉が暮らしの手帖に載っていたレシピをみて
いつも作って送ってくれるんです。
今回は280gを2袋も。

材料も有機メインだから、
安心して朝やおやつにパクパク食べちゃいます。
ほーんと美味しいんですよ。
やめられない止まらない(笑)

甘味はアガペシロップだったり、メープルシロップだったり。
油もいろいろ使っていて、今回はグレープシードオイル。
毎回微妙に味も違って新鮮なんです。

前に作るところを見せてもらったんですけどね、
混ぜて焼いて、また焼いてと、結構時間がかかる分、
余計に美味しく感じます。

目黒通りにシリアル専門店があるんですけど
いつも前を通り過ぎるばかり。
今度寄ってみようと思います。
通販ができるし、人気が高いみたい。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20130305/147263/

ヴィーガンフードで有名なピュアカフェでも
ホームメイドグラノーラを販売しているし、
同じものを店内でも食べることが出来るんですよ。

しょっちゅう行くのに食べたことがなくて、
ずっと気になってたんです。
これも今度味わってみようっと。
http://www.cafe8.jp/store/products/detail.php?product_id=62

granola_1.jpg

granola_2.jpg


日光に当たると紫外線が皮膚に吸収されて
ビタミンDが作りだされますが、
これががん予防効果を上げるらしいです。

ビタミンDは日光を浴びることによって
体内で合成されていくんだそう。

日光に当たる時間の少ない都会の人や東北地方の人は
大腸がんや乳がんの発生率が高いのだとか。

私も直射日光を極力避けてたなぁ。
顔や手足にもSPF50とか普通に塗ってましたね。

今は肌につけるものはオーガニックに変えて、
肌の調子もすいぶんましになりました。
経皮毒のことを知ってから、以前には戻れなくなったんです(笑)

そういえば乳せん科に通院していた人たちも
顔が青白かったり、くすんでいたり。
冷えもあるんでしょうけれどね。

最近は顔を見ただけで、
どこが悪いか分かるくらいになりました。

一日のうちほんの少しでも
日光に当たる時間を作ることにします。
忘れないようにしよう。
letsswim.jpg

新月の今日は、森美智代さんのお話会、
「健康で平和な地球へ」へ行って来ました。

森さんは断食や西式甲田健康法で有名な方で、
青汁一杯だけで元気に過ごされている
大阪の鍼灸院の院長さんです。

以前あるイベントでお姿を拝見してから
お肌はつるつるでふくよか、
そしてやわらかくやさしい雰囲気、
こんなふうになれるのなら、
上手に少食生活を送りたいと思っていました。

いつも魂とか宇宙とかチャクラの話を
少女のように楽しそうに語られるんです。
近くにいるだけでハッピーになれそうです。

21歳のときに難病(小脳脊椎変性症)で、
余命5年とまでいわれたそうですが、
甲田療法により完治され、
いまは50歳でとってもお元気です。

生菜食は免疫力を高めるらしく、
少食は脳波をコントロールするにも良いそうです。

生野菜はからだを冷やすイメージが強いですが、
一冬はちょっと冷えるけど、
それを越えると温かくなるのだとか。

食べ過ぎてしまう人は、
自分のことばかり考えているから、
満たされないのだとおっしゃっていました。

体はとっくに満たされているのに、
心が満たされていないから、どんどん食べてしまう。
本当に悪循環ですね。

たしかに幸せなときって胸が一杯で、
空気だけでお腹が膨るような気がします(笑)

以前エドガーケーシーの本を読んでから、
少食について非常に興味を持ち、
いくつか実践しているのですが、
やはりどの健康法(私が選んだもの)でも
“食べ過ぎるな”というのは共通です。

お話とともに体操を教えていただいたり、
初めてクリスタルボウルの演奏も聴くことができました。

クリスタルボウルの波動は、
体の細胞レベルにまで働きかけてくれるらしく、
それはそれは美しい音色で心地よかったです。
私もチャクラが開きました!
crystal_bowl.jpg
この3年半ほど続けている冷えとり。
すっかり生活の一部になっています。

免疫力を上げて病気にならない体をつくるには、
体温を上げることはとても重要だと実感しました。
もともとかなりの冷え症でしたから。

私はマーマーマガジンという雑誌で冷えとりを知りました。
ちょっとゆるい冷えとりですけどね。

マーマーマガジンのサイトでも
冷えとりについて体験談がいろいろと紹介されているので、
興味のある方は見てみてください。
http://murmurmagazine.com/column/girls58.html

冷えとり健康法について詳しくは、
ぜひ進藤義晴さんのの本を読んでください。
この本がおすすめです。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4540000721/ref=redir_mdp_mobile

冷えとり話は山ほどあるので、
ちょこちょこここで紹介していきますね。

めんげんと呼ばれる好転反応のこと、
からだとこころの変化、そして笑える話、
ほんとにいろいろありますよ。

私はずっと靴下の親指側面にだけ穴が開くんです。
この場所は消化器系の毒が出ているんだとか。
小さい頃から消化器が弱いから納得です。

からだは摩訶不思議です。
何事も信じてやってみることが大事なんじゃないかな。

hietori_ana.jpg

もう6月になりました。
今年も半分近くが過ぎましたね。

最近親しくしてもらっている友人が
情報や知識を惜しみなくブログで紹介しているのを見て、
私の経験やつぶやきも、誰かのヒントになればと思ったので、
今日からブログを始めることにしました。
まあ、自分のためでもあるんですけどね。

私の意識の変化は、3年半ほど前に見つかった
病気(乳ガン)がきっかけです。

眠れないほど生と死について考えたりしましたが、
起きてもいないことに怯えながら日々過ごすより、
起きてから悩めばいいじゃない!って気持ちを切り替えてから、
とっても楽になりました。

人は人、いい人(気を使うのを)をやめて、
外ではなく内面に目を向けることにしました。

幸い早期だったので、仕事も続けることができたし、
おしゃれも食も趣味も楽しみながら、
この3年半ほどいろんなことを試してきました。

ざっと挙げると、
冷えとり健康法、アーユルヴェーダ、
ホ・オポノポノ、玄米菜食、マクロビオティック、
ローフード、グリーンスムージー、にんじんジュース、
生姜紅茶、白湯、ミネラル水、酵素玄米、酵素エキス、
プチ断食、ヨガ、瞑想、ストレッチ、ジム、
ウォーキング、半身浴、ゲルマニウム温浴、
爪もみ健康法、ヒマシ油の湿布、オイルマッサージ、
腸洗浄、足裏つぼ押し(笑)など
ほかにもまだありますが、こんなところです。

というわけで、かなり散財してしまいましたが
まったく後悔はしていません。
すべて直感でいいなと思ったものを選んできました。

自分にとってよかったものや体験、
精神面の変化やスピリチュアルなことなど、
ゆっくりと振り返りつつ、
そして日々感じたことや興味をもったことも
ここで紹介していけたらと思います。

食事も健康法も人それぞれ合う合わないがあるので、
どんなことも否定するつもりはありません。

あくまでここで書くことは私の視点によるものです。
日によって変わるかもしれないし、
私自身今後どう変化していくのか、変わらないのか、
ちょっとわくわくしながら過ごしていきたいと思っています。

長くなりましたが、明日はもうちょっと短めにしますー。

030.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。