上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい先日、東大病院の医師の話を読みました。
救急医療の現場で日々人の死をみているからこその言葉であり
とても興味深かったので、今本を予約中なんです。
読み終えたらここで紹介しますね。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=72823

このような医師が現れたのも
奇跡のりんごの木村さんのように
本当のことを話してくれる一人ではないでしょうか。

臨死体験については以前からとても気になっていました。
たいていどの人も同じようなことを話しているんですね。
2度の臨死体験をした木内鶴彦さん
鈴木秀子さんの話には気づきを与えられます。

人には必ず死が訪れます。
それは明日かもしれないし、数十年先かもしれません。
明日も元気でいる保障なんて誰一人ないんですよね。
そんなことに気づいたのも、病気をしたおかげです。

臨死体験をした方の多くの話では
今までの自分の人生が映像のように映し出されるんだそうです。
忘れていたことまでも。
そしてはっと自分の愚かさに反省し、
なんのために生きているかというのを学ぶのだとか。

私は魂の存在を信じています。
もしもその存在がなかったとしても、信じるだけでわくわくしますしね。
死ぬときまでに魂をぴかぴかに磨きたいものです。

そうそう、病気が見つかる直前に
知り合いに本の挿絵を頼まれたんです。
結局手術やらでお断りすることになっちゃったんですが、
その本というのが、トルストイの「人はなぜ生きるのか」。
すべては偶然ではなく必然なんでしょうね!
love.jpg
スポンサーサイト
一昨日のUFOの日は
残念ながら私の前に姿を現さずでした。

が、昨日の夜のこと。
UFO見なかったなぁと真っ暗な空を見上げたところ、
1等星ほどの明るく輝く大きな星が急に動き始めました。
すーっと南方面に向かって。

その大きな光は飛行機ではありません。
動き方は人工衛星にもみえるけど、
こんなに明るかったかな?

おそらく人工衛星なんだろうけど(涙)、
なんだか得をしたようなうれしい気分で
帰りの足取りはとっても軽かったのでした。

ufo.jpg
2013.06.24 UFOの日。
昨日はスーパームーンでしたね。
都内はあいにくの曇り空でしたが、
土曜日のお月さまもきれいでした。

今日はUFOの日なんだそうです。
UFOに詳しい知人から教えてもらったんですけどね。

昨年ハワイへ行った時、
同室の友人が天の川を見ていたら大きな光が現れて、
慌てて撮った写真を見せてもらったんですが、
その時お風呂に入っていた私は残念無念でした。

昨年「アミ小さな宇宙人」を読んでから、
私の心はいっきに開放されてしまいました。
これは著者が体験したことなんじゃないかなと思って。
宇宙人はいないと思うより、
いると思った方がワクワクするから信じてます(笑)

話題の映画「奇跡のりんご」が評判良くて、
まわりから観るべしという感想が多いので
早く観たいなーと思っているんですが、
その前にと今読んでいるのは
今月出版された「木村さんのリンゴ」。

この本は木村さんがUFOや異星人、
幽霊と遭遇した不思議な体験が書かれているんです。
木村さんのこういう話が以前から気になっていて、
きっと選ばれた人なんだろうなぁと思います。

本当のことを伝えると、
否定されたり変人扱いされることがことが多いけれど、
それを恐れず正直に話されている方が最近多いように感じます。
いま意識が変わるときなんでしょうか。

さて、今夜はUFO(宇宙人)に逢えるかな。
ufoday.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。